社民、立憲に合流協議方針伝達 国民も協議入りは認める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
社民党本部の表示=東京都中央区で2019年5月16日、曽根田和久撮影
社民党本部の表示=東京都中央区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 社民党は12日の常任幹事会で、立憲民主党から呼びかけられた党合流の協議に入る方針を決めた。これを受けて吉川元・幹事長が立憲の福山哲郎幹事長と会い、幹事長間で合流の課題を詰めることを確認した。国民民主党も同日の総務会で、立憲との合流協議を始めることを了承した。

 社民の又市征治党首は記者会見で「安倍政権を早く倒すため、スピード感を持って議論したい」と語った。ただ党内には、全国の地方組織や党職員が合流後も引き継がれるかなどへの懸念が強い。又市氏は…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

あわせて読みたい