メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工救済、韓国国会議長法案が判明 軍人軍属も支給対象 慰安婦財団の残金使わず

韓国の文喜相国会議長=玉城達郎撮影

 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は、日韓関係の懸案となっている元徴用工問題解決のため、「慰謝料」の支給対象を拡大する新たな法案を作成した。当初の草案で対象とした日本企業への賠償請求訴訟の原告、原告予定者だけでなく、韓国政府から被害認定を受けた元徴用工や旧日本軍の元軍人・軍属も加え、年内の国会提出を目指す。毎日新聞が12日までに法案を入手し、判明した。

 法案によると、草案では判決を通じて被害認定された者と限定していた慰謝料の支給対象に「法律に基づき審…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです