メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共通テスト、国語と数学の記述式延期へ 文科省が来週正式発表

文部科学省=東京都千代田区で

 2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストで、国語と数学に導入される予定の記述式問題について、文部科学省は延期する方針を固めた。来週にも正式に発表する。事実上の白紙に追い込まれた英語民間試験の活用に続いての延期で、共通テストの実施で目指した大学入試改革の二つの柱がいずれも折れる形となる。

 記述式問題の導入は、英語民間試験の活用と並ぶ大学入試改革の柱の一つで、思考力や表現力をみることが狙いだった。採点は大学入試センターがベネッセホールディングスの子会社に委託。50万人規模の採点を20日間程度で行わなければならないため、約1万人の採点者が必要とされていた。アルバイトの起用も予想されていたため、受験生や高校関係者で採点のミスやぶれへの懸念が高まっていた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです