メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上ひさしさんを「ひ」ろ~く知って 山形などゆかりの6館で顕彰展

遅筆堂文庫の企画展「井上ひさしと『面白半分』」=山形県川西町で2019年12月11日午前11時35分、佐藤良一撮影

 山形県川西町出身の作家・劇作家、故井上ひさしさん(1934~2010年)の没後10年に合わせ、同町上小松の遅筆堂文庫などゆかりのある県内外の6館が20年にかけて、井上さんの活動を顕彰する展示会を開く。14日からスタンプラリーも開催する。3館以上を回ると井上さんが特注した原稿用紙、全館を制覇すると、井上さんがサイン代わりとした手書きの「ひ」の字が入った、和紙職人・宮本重男氏の手すき和紙が送られる。【佐…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  4. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  5. 枝野氏が政権構想案 再分配機能強化訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです