メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハダカデバに会いたい…ネズミ展示館じわり人気 埼玉・こども動物自然公園

多種多様なネズミの仲間たちを展示する「ecoハウチュー」=東松山市岩殿の県こども動物自然公園で2019年12月4日、畠山嵩撮影

 子年(ねどし)を前に、埼玉県東松山市の県こども動物自然公園で9月に新設されたネズミの展示館「eco(エコ)ハウチュー」がじわりと人気を呼んでいる。約250平方メートルの敷地内に日本初公開の3種を含む19種のネズミの仲間などを展示。ハダカデバネズミなど人気の動物たちの生態を間近に見ることができ、同園には「やっと見に行ける」「ハダカデバネズミに会いたい」といった声が寄せられている。

 ecoハウチューは、哺乳類の中で最も種類の多いネズミの仲間たちの生態を広く知ってもらおうとオープンした。展示室の一部に地中熱を利用するなど環境にも優しい仕様となっている。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです