メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

石川県小松市の九谷焼作家、北村和義さんが手がけた「九谷焼7号皿 ガンダム×シャア専用ザク」=バンダイスピリッツ提供

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」をモチーフにした九谷焼の皿と越前漆器のボトルが21日、全国5店舗のガンダムカフェで発売される。初代ガンダムとシャア専用ザクの対比が美しい皿を手がけたのは「ど真ん中世代なので、一も二もなく引き受けた」と話す九谷焼作家の北村和義さん(45)=石川県小松市。北陸の伝統工芸職人がガンダム愛を込めて仕上げた一品はファンから注目を集めそうだ。

 企画したバンダイスピリッツ(東京)は伝統工芸とガンダムの世界観を融合し、日本の職人の技の魅力を伝え…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです