メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【22時~解説まいもく】ボルソナロ大統領も陽性 感染者数2位ブラジルの事情

スヌーピーミュージアム、東京・町田で14日開館 作者シュルツさんの妻「じっくり浸って」

「スヌーピーミュージアム」に来館し、スヌーピーと共に手を振る作者、チャールズ・シュルツの妻ジーンさん=東京都町田市で2019年12月12日午後0時37分、青島顕撮影

 人気キャラクター「スヌーピー」の登場する米国の漫画「ピーナッツ」の原画や複製、創作の歴史を展示した「スヌーピーミュージアム」が14日、東京都町田市の南町田グランベリーパークに開館する。作者のチャールズ・シュルツ(1922―2000年)の妻ジーンさんが12日、ミュージアムを訪れ「広い空間でピーナッツの世界にじっくり浸ってほしい」と話した。

 ピーナッツは、ビーグル犬のスヌーピーと飼い主の少年チャーリー・ブラウン、その友人たちの日常を描いた4コマ漫画。1950年にスタートし、作者が亡くなるまで世界各地の新聞に掲載された。愛らしい子どもたちの絵の中に、人生の苦さが風刺を込めて描かれている。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  3. 藤井聡太七段が棋聖奪取 最年少タイトル獲得記録更新、17歳11カ月

  4. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

  5. 藤井聡太七段、17歳11カ月でタイトル 棋界祝福「今後破られることない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです