JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 JR東海は12日、2022年度に導入予定の新型特急車両「HC85系」を、名古屋市内で初めて報道公開した。エンジンとモーターを組み合わせた同社初のハイブリッド方式で、特急「ひだ」「南紀」に使われる。ハイブリッド車両としては国内最速の時速120キロで営業運転を目指す。

 蓄電池などの機器や台車をコンパクトにし…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文333文字)

あわせて読みたい

ニュース特集