メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「抑止力に期待」「表現の自由との両立配慮」 川崎市ヘイトデモ罰則条例

ヘイトスピーチを繰り返した者への刑事罰を盛り込んだ条例案を可決した川崎市議会=川崎市川崎区で2019年12月12日午前11時22分、池田直撮影

 公共の場でのヘイトスピーチに全国で初めて刑事罰を定めた川崎市の人権条例。ヘイトの被害に遭ってきた人々からは「抑止力になる」と歓迎の声が上がった。

 「子どもたちとの約束がようやく守れた」。市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」のメンバーらは条例の制定を受け、川崎市内で記者会見を開いた。これまで行政に実効性ある施策を求め続けてきた在日コリアン3世の崔江以子(チェカンイジャ)さん(46)は涙ぐんだ。

 全国的にヘイトデモが激化した2013年、川崎でもJR川崎駅前などで朝鮮半島出身者の排斥を訴えるデモが開かれるようになった。15年11月と16年1月には、在日コリアンの人々が多く住む川崎区桜本に進行するデモが計画されたが、崔さんら住民が立ち塞がり、地区内に入るのを食い止めた。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです