元プロ佐々木誠監督 球児の聖地目指す 試行錯誤重ね選手と一丸 秋季九州大会4強の鹿児島城西

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋季九州地区高校野球大会で4強入りした鹿児島城西の佐々木誠監督=矢頭智剛撮影
秋季九州地区高校野球大会で4強入りした鹿児島城西の佐々木誠監督=矢頭智剛撮影

 来春の選抜高校野球大会の出場校を選考する資料になる10月の秋季九州大会で、鹿児島城西(鹿児島県日置市)が4強入りした。春夏通じて初の甲子園出場を目指すチームを率いる佐々木誠監督(54)は、プロ野球の元スター選手。「冬に向け、打力と守備力を上げたい」と、チームをさらなる高みに引き上げようと懸命だ。【伝田賢史、黒澤敬太郎】

 2018年1月に就任し、2季目で初めて臨んだ九州大会。1回戦は佐賀学園に7―0でコールド勝ちし、準々決勝は城北(熊本)に8―0。2試合で計3本塁打が飛び出し「打てるチームを目指してやってきた」という成果を示した。準決勝は大分商に3―6で敗れたが、甲子園出場経験のある3校と戦い「どこが弱いかが見えた。いい宿題をいただいた」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文831文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい