メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関学大の裏方たち

「兄の分まで日本一に」勝負へのこだわり 部で初の女性主務~第74回毎日甲子園ボウルに向けて(上)

試合後に整列する関学大の橋本典子主務兼マネジャー(中央)=大阪府吹田市の万博記念競技場で2019年12月1日午後4時24分、久保玲撮影

 全日本大学アメリカンフットボール選手権決勝「三菱電機杯 第74回毎日甲子園ボウル」(毎日新聞社、日本学生アメリカンフットボール協会主催、三菱電機特別協賛)は15日午後1時5分、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場でキックオフされる。2年連続6回目の出場で初優勝を狙う東日本代表・早大(関東)と、4年連続53回目出場で2年連続30回目の優勝を目指す西日本代表・関学大(関西)の対戦。最多出場、最多優勝など数々の大会記録を持つ関学大を支える「裏方」の人たちを3回にわたり紹介する。1回目(上)は橋本典子主務兼マネジャー(4年)。

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです