メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯収入総額 48億円増の678億円見込み

沿道の歓声に応えるリーチ・マイケル主将(右手前)らラグビーW杯日本代表の選手たち=東京都千代田区で2019年12月11日午後0時38分、喜屋武真之介撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は12日、東京都内で理事会を開き、好調なチケット販売などを反映し、W杯の収入総額が大会前の見積もりよりも48億円増の678億円となる見込みであることを報告した。海外からの観戦客は延べ57万8000人で、前回イングランド大会の約47万人を大幅に上回…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです