メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英総選挙 保守党、安定多数の勢い BBC予測 1月末EU離脱へ前進

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を最大の争点とする英下院(定数650)の総選挙は12日午後10時(日本時間13日午前7時)に投票が締め切られ、開票が始まった。英メディアが投票締め切り直後に発表した出口調査結果によると、与党・保守党が過半数ラインを大きく上回り、安定多数を確保する勢いだ。同党は来年1月末でのEU離脱を目指しており、予測通りの結果になれば、離脱に向けた大きな前進となる。開票による大勢の判明は13日午前(日本時間同日午後)になる見通し。【ロンドン服部正法】

 英BBCなどの共同出口調査による各党の予測獲得議席は、保守党368(解散時298)▽労働党191(同243)▽スコットランド民族党55(同35)▽自由民主党13(同21)――など。新興政党「ブレグジット党」は0議席の予想だ。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです