メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年末年始へ準備着々 /岐阜

最盛期を迎えた「塩ブリ」作り=岐阜県高山市問屋町の市公設地方卸売市場で

 師走に入り、県内各地で年末年始に向けた動きが目立つようになった。クリスマス用のポインセチアの手入れや、名産の干し柿製造、寒ブリの仕込みなどの正月準備が進む。【立松勝、渡辺隆文、大竹禎之】

「塩ブリ」作り 高山で最盛期

 高山市問屋町の市公設地方卸売市場で、飛驒地方の年越しの食卓に欠かせない「塩ブリ」作りが最盛期を迎えた。冷凍技術の無かった江戸時代、飛驒地方に富山湾で取れたブリが塩漬けにされて運ばれ、縁起物の出世魚として食べられた風習が今でも残る。

 市場には富山県氷見漁港から天然物の「ひみ寒ぶり」や養殖ブリが入荷。卸業者のひだ中央の松井健治さん(…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです