メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語民間試験・記述式延期 大学入試改革、振り出し

 2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストで導入予定の国語と数学の記述式問題について、文部科学省は延期する方針を固めた。採点の公正・公平性に対する受験生の不安を払拭(ふっしょく)できないと判断した。来週にも正式に発表する。英語民間試験の活用の見送りに続き、安倍政権が推進してきた大学入試改革の二つの柱が折れた形となる。

 記述式問題の採点は大学入試センターがベネッセホールディングスの子会社に委託。50万人規模の採点を20日間程度で行うため、約1万人の採点者が必要となり、アルバイトの起用も予想され、採点ミスやぶれへの懸念があった。大学入試センターによる2回の試行調査で受験者の自己採点と実際の得点のズレも判明。受験生は自己採点を基に出願大学を決めるため、影響が出ると指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです