メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

仮想通貨「リブラ」を考える 実現へルール策定の時=中井正裕(北米総局)

米下院公聴会に出席したフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは「全ての規制当局が承認するまで世界のどの地域でもリブラを発行しない」と宣言した=米ワシントンで2019年10月23日、ロイター

 米フェイスブック(FB)が6月に発表した仮想通貨(暗号資産)「リブラ」の発行計画は、各国政府や金融当局の反発を受けて実現性が不透明になっている。FBの情報管理体制に対する不信感や金融システムを不安定化させるリスクが原因だ。ただ、リブラに限らず、最新のデジタル技術を駆使した金融サービスの提供は世界の人々の生活向上につながる。各国はデジタル技術を金融システムにうまく取り込む方向で規制論議などを進めてほしい。

 「世界で銀行口座を持たない約17億人に金融サービスを提供する」。FBはこんな触れ込みでリブラ計画を発表した。金融機関の口座をほぼ100%の人が保有する日本ではイメージしにくいが、金融サービスを十分利用できない途上国の切実な社会問題に光を当てたのがリブラ計画の特徴だ。

 利用するのは既に実用化されているデジタル技術で、目新しさはない。多数のコンピューターで取引記録を管理し、改ざんを防ぐ「ブロックチェーン(分散型台帳)」を活用。米ドル、ユーロ、円など主要通貨に連動させて価値を安定させる「ステーブルコイン」で、ビットコインのように価格は乱高下しない。

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文2021文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです