メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

仮想通貨「リブラ」を考える 実現へルール策定の時=中井正裕(北米総局)

米下院公聴会に出席したフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは「全ての規制当局が承認するまで世界のどの地域でもリブラを発行しない」と宣言した=米ワシントンで2019年10月23日、ロイター

 米フェイスブック(FB)が6月に発表した仮想通貨(暗号資産)「リブラ」の発行計画は、各国政府や金融当局の反発を受けて実現性が不透明になっている。FBの情報管理体制に対する不信感や金融システムを不安定化させるリスクが原因だ。ただ、リブラに限らず、最新のデジタル技術を駆使した金融サービスの提供は世界の人々の生活向上につながる。各国はデジタル技術を金融システムにうまく取り込む方向で規制論議などを進めてほしい。

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2021文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです