メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

出生90万人割れへ 少子化対策の総点検必要

[PR]

 2019年生まれの子どもの数が、90万人を下回る見通しとなった。1899年の出生数の統計調査開始以来、初めてのことだ。

 出産に適した年齢の女性の人数自体がすでに減っており、出生数の低下は長期的なトレンドだ。しかし、90万人割れは国の推計より2年早いペースだ。昨年は92万人弱だった。今年1~9月の前年比5・6%減というペースが続けば、87万人を下回る可能性もある。

 政府は、少子化に歯止めをかけられていない現状をより深刻に受け止めるべきだ。

 子どもを持つかどうかは個人の自由で、国が押しつけるものではない。しかし、望んでも結婚や出産をできない現状がある。政府は、希望通りになった場合の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)を1・8と見込み25年度の実現を目指すが、18年は1・42にとどまる。

 厚生労働省の調査で、理想の数の子どもを持たない理由の最多は「子育てや教育にお金がかかりすぎる」だ。10月から幼児教育・保育無償化がスタートしたが、大学などの無償化は低所得世帯にとどまる。

 2番目の理由としては、働く女性の増加で晩婚化が進む中、高齢出産へのためらいがある。政府が女性活躍を推進する一方で、20代で結婚・出産してもキャリアを積めるような働き方が見えていない。

 他にも、核家族化で子どもの祖父母の支援を受けづらいことや、子育てをしにくい社会だという親の意識など、幅広い要因がある。

 子育ての負担ばかりが目につき、安心して子どもを育てられる環境があるとは実感できないのだろう。

 少子化は東アジア諸国に共通した課題だ。働き手や社会保障の支え手が減り、社会の活力やセーフティーネットが弱まりかねない。想定以上に少子化が進めば、さらなる社会保障サービスの削減や負担増も浮上してくるだろう。

 少子化社会対策大綱は年度末に向け、5年ごとの見直しが進んでいる。施策を総点検し、税制面での優遇を含めた経済的支援の拡充や働き方改革による男性の育児参加の促進、正規雇用による収入の安定などが必要だ。財源の確保も欠かせない。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです