メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

離脱争点、英の選択 総選挙投票始まる

投票を終え手を振るジョンソン英首相=ロンドンで12日、ロイター

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の是非を最大の争点とする英下院(定数650)の総選挙の投票が12日午前7時(日本時間同日午後4時)、始まった。同日午後10時(同13日午前7時)で締め切られ、即日開票される。最新の世論調査などによると、EUとの離脱協定によって来年1月末の離脱を目指す与党・保守党が過半数の議席を確保し、政権を維持する見通しが強まっている。

 一方、最大野党・労働党が支持率の差を詰めてきており、第1党が過半数を取れない「ハングパーラメント(宙づり議会)」となる可能性を否定できないとの見方もある。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです