メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へのワンチーム

全国高校ラグビー/3 日本航空石川OB 仕事と両立成し遂げ 語学力評価され競技継続

電話を片手に業務に取り組むフィシプナ・トゥイアキ選手=東京都渋谷区のセコム本社で4日

 スーツ姿には慣れないが、2年目を迎えて仕事と競技の両立は図れるようになった。トンガ出身で高校から日本に留学したフィシプナ・トゥイアキ選手(24)は、警備会社大手「セコム」で働きながらラグビーを続ける社員契約の選手だ。

 日本航空石川では3大会連続で花園出場。3年時は主将だった。天理大では外国人出場枠があって公式戦出場が少なく、社会人でのプロ契約はかなわなかった。だが「ラグビーを続けたい気持ちに変わりはなかった」。トンガ、日本、英の3カ国語が話せることも評価され、国…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです