メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へのワンチーム

全国高校ラグビー/3 日本航空石川OB 仕事と両立成し遂げ 語学力評価され競技継続

電話を片手に業務に取り組むフィシプナ・トゥイアキ選手=東京都渋谷区のセコム本社で4日

 スーツ姿には慣れないが、2年目を迎えて仕事と競技の両立は図れるようになった。トンガ出身で高校から日本に留学したフィシプナ・トゥイアキ選手(24)は、警備会社大手「セコム」で働きながらラグビーを続ける社員契約の選手だ。

 日本航空石川では3大会連続で花園出場。3年時は主将だった。天理大では外国人出場枠があって公式戦出場が少なく、社会人でのプロ契約はかなわなかった。だが「ラグビーを続けたい気持ちに変わりはなかった」。トンガ、日本、英の3カ国語が話せることも評価され、国…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです