メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護のき・ほ・ん

施設とお金/下 収入に応じ減免措置も

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 自宅から施設に移り住む際、気がかりなのはその費用だ。サービス内容が異なり、さまざまな種類のある施設は、それぞれ利用料や必要な金額に大きな違いがある。高齢者にとって必要なお金についてまとめた。

 ●割安で人気の特養

 国や自治体の公的支援を幅広く受けている「特別養護老人ホーム(特養)」は利用料が割安で人気だ。利用料は収入に応じて設定され、低所得者には減免もある。相部屋の利用料は5万~16万円、個室は18万円程度だが、国の目安では、相部屋に要介護5の人が入居した場合、月額利用料は10万2200円、個室では13万9500円になる。

 退院後のリハビリを支援する「介護老人保健施設」は相部屋で6万~16万円だ。長期の療養向けの「介護療…

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文2027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです