「第3子以降持てるよう支援を」 検討会が少子化対策大綱改定へ提言案 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衛藤晟一少子化対策担当相=2019年10月18日、川田雅浩撮影
衛藤晟一少子化対策担当相=2019年10月18日、川田雅浩撮影

 政府が年度内に予定している「少子化社会対策大綱」の改定に関する有識者検討会が13日、新たな大綱づくりに向けた提言案をまとめた。提言案は、性別に関係なく仕事と子育てを両立できる環境の整備や、第3子以降の子供を持てるようにするための支援の必要性を指摘した。

 衛藤晟一少子化担当相は2019年の出生数が1899年の統計開始後初めて90万人を割り込む可能…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

注目の特集