メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自衛隊中東派遣 仏、印とも情報交換検討 「イランを過度に刺激しない」

アラビア半島周辺での海洋安全保障関連の枠組み

 政府は、海上自衛隊の中東派遣に向けて、米国主導の海洋安全保障イニシアチブ(有志連合)に加え、独自に艦船を派遣するフランスやインドとも船舶情報の交換などで連携する検討を進めている。仏や印との情報保護協定に基づき、機密情報の交換も視野に入れる。政府は、自衛隊派遣は「日本独自の取り組み」だと説明しているが、実際にはアラビア半島周辺海域で海洋安保を担う緩やかな国際連携の一翼を担う形になりそうだ。

 政府が中東への自衛隊派遣の検討を始めたのは、アラビア半島周辺海域で今年5月以降にタンカー襲撃などが…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです