特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会名簿内閣官房分の廃棄は「1週間程度」 菅官房長官

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時閣議後の記者会見で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の質問を聞く菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月13日午後6時6分、川田雅浩撮影
臨時閣議後の記者会見で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の質問を聞く菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月13日午後6時6分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、今年4月の「桜を見る会」で内閣府が作成した招待者名簿の原本となった各省庁の推薦者名簿のうち、内閣官房分は「桜を見る会の終了後1週間程度のうち」に廃棄されたと明らかにした。内閣官房の担当者から報告を受けたという。各省庁の推薦者名簿は大半が保存期間1年以上だが、内閣府と内閣官房では「首相枠」など一部の名簿が「1年未満」となっている。

 菅氏は会見で、推薦者名簿の紙媒体は内閣官房のシュレッダーで細断され、電子データも同時期に廃棄されたと説明した。内閣府が廃棄した招待者名簿と同様、推薦者名簿も「データ復元は不可能だと聞いている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文581文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る