メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

トランプ氏「第1段階」米中合意を了承 制裁関税第4弾見送りか 米報道

トランプ米大統領=AP

 ブルームバーグ通信など米メディアは12日、米中両政府が貿易戦争の収束に向けた「第1段階」の通商協定に基本合意し、トランプ米大統領が合意の内容を了承したと報じた。トランプ政権は15日に予定していた対中制裁関税「第4弾」の完全実施を見送るほか、発動済みの追加関税の一部を撤回するという。合意が実現すれば米中貿易戦争がさらに激化する事態はひとまず回避される。

 報道によると、トランプ氏は12日、ホワイトハウスで米中通商協議を担当する通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ムニューシン財務長官らと協議し、第1段階の合意条件を了承した。中国側が2020年に年間500億ドル(約5.5兆円)の米農産物の購入を約束。米側は15日に予定する年間輸入額1600億ドル(約17.5兆円)相当の中国製品に対する15%の追加関税発動を見送るほか、米中双方が発動済みの追加…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです