メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

急拡大のデータビジネス 個人情報保護追いつかず 内定辞退率利用企業行政指導

 就職活動をしている学生の「内定辞退率」予測データが本人の同意なく売買されていた問題で、政府の個人情報保護委員会(個情委)と厚生労働省は13日までに、リクルートやトヨタ自動車など38社に行政指導を行った。政府は個人情報の安易な商業利用を防ぐため来年にも取り扱いルールを改正するが、急速に拡大するデータビジネスに対応が追いついていないのが現状だ。

この記事は有料記事です。

残り2859文字(全文3031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです