メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温室効果ガス EU、2050年「実質ゼロ」で合意

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 欧州連合(EU)の首脳会議は13日未明(日本時間同日朝)、2050年までに域内の温室効果ガス排出量を「実質ゼロ」とする共通目標に合意した。ただし温室効果ガスを多く排出する石炭火力発電に依存するポーランドは、現時点で実行は難しいとして留保し、来年6月の合意を目指して協議を続けることになった。

 首脳会議終了後に記者会見したミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)は「欧州は『実質ゼロ』を達成する世界で最初の大陸になる」と強調。1カ国を取り残す形となったが、主要機関のト…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです