メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温室効果ガス EU、2050年「実質ゼロ」で合意

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 欧州連合(EU)の首脳会議は13日未明(日本時間同日朝)、2050年までに域内の温室効果ガス排出量を「実質ゼロ」とする共通目標に合意した。ただし温室効果ガスを多く排出する石炭火力発電に依存するポーランドは、現時点で実行は難しいとして留保し、来年6月の合意を目指して協議を続けることになった。

 首脳会議終了後に記者会見したミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)は「欧州は『実質ゼロ』を達成する世界で最初の大陸になる」と強調。1カ国を取り残す形となったが、主要機関のト…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです