メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大統領弾劾訴追決議案採決13日以降持ち越し 米下院司法委

トランプ米大統領=AP

 米下院司法委員会は12日、トランプ大統領のウクライナ疑惑に関する弾劾訴追決議案の審議を続けた。深夜まで激論が続き、採決は13日以降に持ち越された。下院は野党・民主党が多数派で決議案は可決される見通し。民主党は来週の下院本会議で採決し、トランプ氏の弾劾訴追を目指す。

 共和党側から複数の修正案が示されたが、否決された。…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです