メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中韓漫画三国志

「ガンダム サンダーボルト」の太田垣さん 新連載SFを日中韓同時配信する理由

日中韓同時配信中の「ディアーナ&アルテミス」(左)=Ⓒ太田垣康男 スタジオ・トア/双葉社。「漫画の国境をなくす挑戦」と語る作者の太田垣さん(右)=中国福建省アモイで、河津啓介撮影

 世界をリードした日本の漫画もインターネット時代に変化を迫られている。人気漫画「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の作者、太田垣康男さん(52)は17日発売の日本の雑誌で連載を始めた新作SFを、日中韓の電子媒体で同時配信している。日本の漫画は海外で広く読まれているが、同時配信は新たな試みだ。スマートフォン(スマホ)世代を意識し、縦スクロールで読む韓国発の漫画スタイルにも対応した。太田垣さんは「漫画の国境をなくす可能性を秘めている」とその意義を語った。

 新作のタイトルは「ディアーナ&アルテミス」。水不足に悩む月面都市を舞台に「水源窃盗」事件を追う女性捜査官コンビの奮闘と2人が起こす騒動を描く。太田垣さんが最も得意とするSF作品であり、女性の主人公やコメディー要素などの新機軸も盛り込んだ。

 日本では、青年漫画誌「漫画アクション」(双葉社)で連載し、電子版は「めちゃコミック」(日本)、「新漫画」(中国)、「Peanutoon」(韓国)などが配信。セリフは日本語と韓国語、中国語(簡体字と繁体字)の4種で、横書きに統一した。

 雑誌連載は白黒だが、電子版は日中韓いずれもフルカラー、さらに画面構成は横にめくる従来のページ版と、画面を縦スクロールして読む「ウェブトゥーン」版の2種を配信している。

 「ウェブトゥーン」はインターネットを意味する「ウェブ」と、漫画やアニメを意味する「カトゥーン」を組み合わせた造語であり、韓国から世界に広がった漫画スタイルだ。4コマ漫画が長くなったような作りで、コマの大小や見開きによる従来の表現は難しいが、フルカラー化や動画を組み込むなどの特殊効果によって読者の満足感…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです