メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英ジョンソン首相、勝利宣言「新たな負託得た」保守党が安定多数 EU1月末離脱へ前進

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を最大の争点とする英下院(定数650)の総選挙が12日行われ、開票の結果、ジョンソン首相が率いる与党・保守党が過半数を大きく上回り、安定多数を確保した。ジョンソン氏が公約とした来年1月末での離脱に向けて大きな前進となった。

 英BBCによると各党の獲得議席数は、保守党365(解散時298)▽労働党203(同243)▽スコットランド民族党48(同35)▽自由民主党11(同21)――など。

 英メディアは今回の結果について、「保守党にとっては(376議席を獲得した)サッチャー政権時の1987年以来の大勝」と報じている。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです