メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中「第1段階」大筋合意か 制裁関税「第4弾」見送り、米国産農作物購入の見通し

【左】トランプ米大統領【右】中国の習近平国家主席

 複数の米メディアは12日、貿易戦争収束に向けた米中の通商協議が「第1段階」の大筋合意に達し、トランプ米政権が15日に予定していた対中制裁関税「第4弾」の完全実施を延期する見通しになったと報じた。米国側は発動済みの制裁関税の一部緩和も検討しているという。

 トランプ氏は12日、「大きな合意に近づいている」とツイッターに投稿。報道によると、その後、第1段階の合意条件を了承したという。米報道によると、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と中国の崔天凱・駐米大使が13日にも大筋合意の関連文書に署名する見通しだ。

 中国外務省の華春瑩報道局長は13日の定例記者会見で、米国との大筋合意について確認を避ける一方、合意…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです