メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元警部銃撃 工藤会トップらに2審も賠償命令 初の高裁判決

福岡高裁などが入る庁舎=平川昌範撮影

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる元福岡県警警部銃撃事件の被害者側が、同会トップの野村悟(73)とナンバー2の田上不美夫(ふみお、63)の両被告らに約2960万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は13日、約1620万円の支払いを命じた1審・福岡地裁判決(今年4月)を支持し、被告らの控訴を棄却した。

 控訴審では和解協議が開かれたが折り合わなかった。一連の一般人襲撃事件で工藤会トップらに賠償を命じた初の高裁判決で、弱体化が進む工藤会にとっては更なる経済的打撃となりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです