メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かあさん」歌えば響くチベット 来日25年、遊牧民出身女性歌手「声の恩返し」

チベットの民族衣装を着たバイマーヤンジンさん=オフィスヤンジン提供

 ♪かあさんが夜なべをして手袋あんでくれた――。チベットの遊牧民出身の歌手、バイマーヤンジンさん=大阪府吹田市=は、日本の「かあさんの歌」を口ずさむと、はるかかなたの高地でヤクとともに暮らす母を思い出すという。故郷への万感の思いを込めた来日25周年記念コンサートが28日、大阪市中央区城見のいずみホールで開かれる。

 中国で、チベット人の多くは貧困にあえいでいるという。バイマーヤンジンさんの父は生活の糧を得るため遊牧生活を送り、母は村の粗末な泥壁の家に残り、8人の子どもを学校に通わせた。現金収入が乏しい中でやりくりをする母の姿が、かあさんの歌と重なる。「特に3番の歌詞に『かあさんのあかぎれ痛い 生みそをすりこむ』とあるのですが、母が冬、手にバターを塗っていたことを思い出します」と涙ぐむ。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  3. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです