メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

「果物送った」は特殊詐欺の序章? 警戒緩む親、被害相次ぐ

千葉県警本部=信田真由美撮影

 「果物を送ったよ」。息子などを装ったそうした内容の電話を受け、現金をだまし取られる特殊詐欺の被害が今秋以降、千葉県内で相次いでいる。子どもから果物を送ると言われて気が緩む親の心理につけ込んだ手口で、県警は「果物を送ったと言われてからお金の話になったら注意してほしい」と呼びかけている。【町野幸】

 県警捜査2課によると、10月ごろから千葉市を中心に複数の被害情報が寄せられており、県内では昨年までにはなかった手口という。千葉中央署管内では10月に2件の被害があった。被害者はいずれも70代の女性で、息子を装ってかかってきた電話を信じ、自宅を訪ねてきた人物にそれぞれ400万円と100万円をだ…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです