メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通院ゼロ「禁煙外来」山間部の村で広がる スマホ通して受診

スマートフォンで医師と面談中の西村直樹さん=熊本県産山村の村役場で2019年10月21日午後2時19分、清水晃平撮影

 医師と一度も会わずスマートフォンやタブレット端末の画面を通して禁煙治療を進める「完全遠隔禁煙外来」がスタートして2年。解禁後、プログラムの利用者は大手企業が中心だったが、最近は自治体にも広がり始めた。通院不要のため近くに医療機関がない山間部などの住民にもうってつけ。国民健康保険の財政が全国的に厳しい状況にあり、自治体は禁煙による医療費削減に期待を寄せる。

 完全遠隔禁煙外来の解禁は来年の東京五輪・パラリンピックに向けた国の受動喫煙対策の一つ。2017年7…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです