脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
視覚障害者向けに開発された拳銃ホルスター型かばん=兵庫県豊岡市中央町の「カバンツクリエーション」で2019年11月29日午後3時19分、村瀬達男撮影
視覚障害者向けに開発された拳銃ホルスター型かばん=兵庫県豊岡市中央町の「カバンツクリエーション」で2019年11月29日午後3時19分、村瀬達男撮影

 国内有数のかばんの産地、兵庫県豊岡市のメーカー「カバンツクリエーション」と目が不自由な谷口和隆さん(57)が共同で、スーツの下に隠れる拳銃ホルスター型のかばんを開発した。

 歩く時に白杖(はくじょう)とかばんで両手がふさがり危ないと感じていた谷口さんが同社に相談。刑事ドラマで見たホルスターをヒントに…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

あわせて読みたい

注目の特集