メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・関西万博アドバイザーに安藤忠雄氏ら13人 開幕日2~3週間前倒しへ

2025年大阪・関西万博の会場となる夢洲。手前が予定地=大阪市此花区で2019年3月5日午後3時18分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 2025年大阪・関西万博の実施主体となる日本国際博覧会協会は13日、東京都内で理事会を開き、運営上の助言を受けるシニアアドバイザーに建築家の安藤忠雄さんら13人を選任した。デザイナーのコシノジュンコさんや落語家の桂文枝さん、大阪大の西尾章治郎学長らで、幅広い分野から選ばれた。

 非公開だった理事会では、今月中に博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)に提出する万博の開催計画…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです