メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・関西万博アドバイザーに安藤忠雄氏ら13人 開幕日2~3週間前倒しへ

2025年大阪・関西万博の会場となる夢洲。手前が予定地=大阪市此花区で2019年3月5日午後3時18分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 2025年大阪・関西万博の実施主体となる日本国際博覧会協会は13日、東京都内で理事会を開き、運営上の助言を受けるシニアアドバイザーに建築家の安藤忠雄さんら13人を選任した。デザイナーのコシノジュンコさんや落語家の桂文枝さん、大阪大の西尾章治郎学長らで、幅広い分野から選ばれた。

 非公開だった理事会では、今月中に博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)に提出する万博の開催計画…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです