メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都内自治体、小学低学年の五輪観戦見送り相次ぐ 熱中症、安全面考慮し

東京五輪の主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)=2019年11月5日午後0時7分、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、東京都内の子供たちに観戦機会の提供を計画している都教育委員会は13日、5月時点での観戦予定者が約81万人(私学は除く)だったと明らかにした。昨年11月時点では最大で約91万人と見込んでいたが、多摩地域や島しょ部を中心に、小学校低学年の参加を見送る自治体が相次いだ。

 東村山市は地元の小学校長会と協議した結果、小学1~4年の観戦を市内一律で見合わせることにした。低学年の児童は熱中症のリスクが高いことに加え、都心の競技会場まで足を運ぶには何度も鉄道の乗り換えが必要となるケースも想定されるためだ。市教委は「せっかくの機会なので見せてあげたい気持ちはあるが、子供たちの安全を最優先して判断した」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです