メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都内自治体、小学低学年の五輪観戦見送り相次ぐ 熱中症、安全面考慮し

東京五輪の主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)=2019年11月5日午後0時7分、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、東京都内の子供たちに観戦機会の提供を計画している都教育委員会は13日、5月時点での観戦予定者が約81万人(私学は除く)だったと明らかにした。昨年11月時点では最大で約91万人と見込んでいたが、多摩地域や島しょ部を中心に、小学校低学年の参加を見送る自治体が相次いだ。

 東村山市は地元の小学校長会と協議した結果、小学1~4年の観戦を市内一律で見合わせることにした。低学…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです