メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁護側は即日控訴 妻子3人殺害の元福岡県警警察官に死刑判決

元警察官の中田充被告に死刑判決を言い渡した福岡地裁=福岡市中央区で2019年12月13日午後2時21分、代表撮影

 福岡県小郡(おごおり)市の自宅で2017年、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われた元福岡県警巡査部長、中田充(みつる)被告(41)=起訴後に懲戒免職=に対し、福岡地裁の裁判員裁判は13日、求刑通り死刑判決を言い渡した。柴田寿宏(としひろ)裁判長は「家族3人を殺害したという結果は重大。とりわけ子供たちを殺害したことに酌量の余地はなく、犯行態様が非常に悪質」と非難した。弁護側は即日控訴した。

 公判で中田被告は「一切身に覚えがなく事実無根」と無罪を主張。目撃証言など直接証拠がない中、被告が犯人かどうかが最大の争点だったが、判決は複数の状況証拠から被告を3人殺害の犯人と認定した。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです