メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎トンネル内女性殺人 被告に懲役28年、裁判長「人を人とも思わぬ態度」と非難 横浜地裁

裁判所=ゲッティ

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、帰宅途中の黒沼由理さん(当時27歳)を刺殺したとして殺人罪に問われた無職、鈴木洋一被告(39)に対して、横浜地裁の裁判員裁判は13日、懲役28年(求刑・無期懲役)の実刑判決を言い渡した。景山太郎裁判長は「人を人とも思わぬ人命軽視の態度が顕著だ」と厳しく非難した。

 判決は、被告がストレスを発散させるため好みの女性の苦悶(くもん)する表情を見たいと思い立ち、事件に及んだと認めた。無防備な被害者に対して刃先が貫通するほどの強さで腹部を刺すなどしたことから、強固な殺意に基づく残虐な犯行と指摘。「夢の実現に向けて努力を重ねていた中、人生を絶たれた無念さは察するに余りある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです