メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉・所沢の中1自殺 背景にいじめ「追い詰められていった」 第三者委が報告書

 埼玉県所沢市教育委員会は13日、市立中学1年の男子生徒(当時13歳)が2017年7月に鉄道自殺した事案について、いじめなど複数の要因により男子生徒が追い詰められたとする第三者委員会の調査報告書を公表した。

 男子生徒は同年7月10日午前7時半ごろ、同市久米の西武池袋線の踏切内に立ち入り、電車にはねられ死亡した。第三者委は同年12月から原因などを調査して昨年7月に報告書がまとまった後、教委と遺族側が公表範囲などを協議していた。

 報告書によると、男子生徒は入学後、複数の侮蔑的なあだ名で呼ばれるようになり、学用品を壊されるなどのいじめを受けた。また男子生徒が担任教諭から提出物の遅れについて再三指導を受けたことや、部活動をやめたがっていた点などから「複数の領域で自信を失い、追い詰められていった」と結論づけた。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです