メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

1997年に盗まれたクリムトの絵画、美術館の隠し扉から発見か

1997年2月にイタリア北部の美術館で盗まれたオーストリアの画家グスタフ・クリムトの作品が、館内で発見された可能性があると、当局者らが明らかにした。発見された絵画の提供映像。(2019年 ロイター)

[PR]

 [ローマ 11日 ロイター] - 1997年2月にイタリア北部の美術館で盗まれたオーストリアの画家グスタフ・クリムトの作品が、館内で発見された可能性があると、当局者らが明らかにした。

     この絵は若い女性を描いたもので1917年に完成。イタリア北部のピアチェンツァにあるリッチオッディ美術館から盗まれていたが、作業員が美術館の外壁のツタを除去したところ隠し扉が見つかり、中にビニールのゴミ袋に入った作品があったという。警察が引き取り、今後専門家が真贋(しんがん)を判定する。

     事件当時、美術館の屋根の上に作品の額が捨てられていたことから、警察は窃盗犯が釣り糸で絵画を壁から吊り上げて天窓を通じて持ち出したとみていた。その翌月、ある政治家のもとに梱包・送付された巧妙な贋作(がんさく)が押収され、謎が深まっていた。

     ピアチェンツァ市の文化担当当局者は、盗難後に美術館の建物内を慎重に捜索しており、盗難以来ずっと作品が美術館に隠されていたとは考えにくいとの見方を示した。

     同当局者はキャピタル・ラジオに対し、「絵画の状態は申し分ない。地面と植物に近い壁の中で22年も隠されていたとは思えない」と述べた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

    2. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

    3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

    4. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

    5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです