メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しつけ、何が正解? 厚労省「体罰」指針案に賛否

指針案で体罰や子どもの心を傷つける行為とされた例

 「しつけ」を名目とした児童虐待を防ぐため、厚生労働省が3日に公表した体罰の範囲などの指針案について、インターネット上で賛否両論が飛び交っている。日本は「しつけのために体罰は必要」という意識も根強く、子どもの人権を重視した指針案の考えが広がるには時間がかかりそうだ。【大沢瑞季】

 「自分がやられないと、他人の痛みを感じられない」「親の言うことを聞かない子どもが増える」――。指針案で「3回注意して聞かないので頰をたたいた」「罰としてお尻をたたいた」などの行為が体罰とされたことについて、ツイッターで反発の声が上がった。「子どものことは母親の責任と考えられがちな日本で、重荷が増える」と、母親をおもんぱかる意見もあった。

 一方、「当たり前のことを指針にしたのに、びっくりする人がいることに驚く」など、指針案に賛同する声も…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです