メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チョコレートでできたニコラウス(左)とサンタクロース=2019年12月11日、念佛明奈撮影

 12月に入り、ドイツの街はクリスマス一色だ。そんなある日、1歳の長男が保育園で、サンタクロースに似ているが、よく見ると違うおじいさん形のチョコレートをもらってきた。

 その名は「聖ニコラウス」。ドイツでは聖ニコラウスの日である12月6日の前夜、玄関先に磨いた靴を置いておくと、ニコラウスから良い子にはプレゼントが、悪い子には木の枝のムチが届くとか。欧州から米国に…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです