メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢化団地に活気を 常総市と良品計画が連携協定 千代田団地 一部改装、若者の入居促進 /茨城

連携協定書に調印した良品計画の生明弘好・執行役員(左)と神達岳志市長=茨城県常総市役所で

 空室が増えている市営住宅を活性化させようと、常総市は「無印良品」を展開する良品計画(東京)と連携協定を結んだ。まずは同市中妻町の千代田団地が対象。一部を改装して大学生ら若者が入居し、高齢者の多い団地を活気づけてもらう計画が検討されている。【宮田哲】

 同社が公営住宅の活用に取り組むのは初めて。廃校などの地域資源の活用や、都市再生機構(UR)の団地改装などの実績があり、そのノウハウを生かす。

 空室が増加する市営住宅は、団地のコミュニティーの希薄化が懸念されている。協定書では、両者がコミュニティーの再構築や住居などの活用に取り組むと定めている。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです