メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

「福袋」体験型さらに充実 百貨店初売り アニメアフレコや和菓子づくり /愛知

福袋商品の一つ、アフレコ体験のイメージ=松坂屋名古屋店提供

 初売りでお祝いムードを盛り上げる「福袋」。名古屋市内の主要百貨店では、新年に向けて近年人気の体験型を充実させた。インターネットなどでさまざまな商品がすぐに購入できる時代だからこそ「簡単に手に入らない非日常的なものが求められている」(名古屋三越)といい、各社工夫を凝らした商品がそろった。【岡村恵子】

 過去最高の17種類の体験型福袋を用意した名古屋三越栄店。英国の高級車アストンマーチン1台と、渡英して現地工場を見学できるセット(2299万5000円)を1袋用意した。また、京都・祇園のお茶屋「大ヌイ」の若おかみが案内する「京都旅福袋」(3月実施、1人15万8000円)では、料亭で懐石料理を味わえるほか、お座敷遊びも体…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  4. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  5. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです