メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乗り合い自動車導入へ 猪名川町、オンデマンド実証実験 来年5月から /兵庫

オンデマンドの乗り合い乗用車の導入に向け、連携協定を結んだ兵庫県猪名川町の福田長治町長(左)と「ネッツトヨタ神戸」の四宮慶太郎社長。奥は、実証実験で使用される車の同型車=同町上野で

 猪名川町は、乗客の求めに応じて運行するオンデマンド方式の乗り合い自動車の実証実験を来年5月から始めると発表した。乗り合い自動車を、手軽な移動手段を持たない高齢者らの「生活交通」としたい考えで、実証実験で導入に向けた課題を検証。2021年度に有償運行に移行し、22年度から本格運行を想定している。

 福田長治町長と、乗り合い自動車を提供する自動車販売会社「ネッツトヨタ神戸」(尼崎市)の四…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです