メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、EU離脱へ 総選挙で保守党大勝、来月末濃厚 移行期間11カ月

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を最大の争点とする英下院(定数650)の総選挙が12日行われ、13日までの開票の結果、ジョンソン首相が率いる与党・保守党が過半数を大きく上回り、安定多数を確保した。ジョンソン氏が公約とした来年1月末での離脱に向けて大きな前進となった。【ロンドン服部正法】

 英BBCによると日本時間14日午前0時現在、各党の議席は保守党365(解散時298)▽労働党203(同243)▽スコットランド民族党48(同35)▽自由民主党11(同21)――など。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです