メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、EU離脱へ 総選挙で保守党大勝、来月末濃厚 移行期間11カ月

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を最大の争点とする英下院(定数650)の総選挙が12日行われ、13日までの開票の結果、ジョンソン首相が率いる与党・保守党が過半数を大きく上回り、安定多数を確保した。ジョンソン氏が公約とした来年1月末での離脱に向けて大きな前進となった。【ロンドン服部正法】

 英BBCによると日本時間14日午前0時現在、各党の議席は保守党365(解散時298)▽労働党203(同243)▽スコットランド民族党48(同35)▽自由民主党11(同21)――など。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです