メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

英首相「民意得た」 保守党大勝 数の力、離脱へ突進

 「ブレグジット(英国の欧州連合=EU=からの離脱)決戦」となった英下院の総選挙(定数650)は、ジョンソン首相率いる与党・保守党が大勝を収めた。来年1月末でのEU離脱を目指すジョンソン氏の訴えが事実上信任を得た形だ。ジョンソン氏は今後、「民意」を追い風に議会で関連法案の審議を進め、離脱実現に突き進むことになる。

 「我々は手詰まり状態を打ち破った。この選挙(結果)はブレグジットが反論の余地なく英国民の決断であることを意味した」

この記事は有料記事です。

残り3185文字(全文3400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです