メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

赤ちゃんの先天梅毒、どんな病気? 妊娠中の母親から感染 肝臓肥大や髄膜炎にも=回答・金秀蓮

 なるほドリ 梅毒(ばいどく)に感染(かんせん)した女性の約1割が妊娠(にんしん)していたという国立感染症研究所の集計結果が出たね。梅毒ってどんな病気?

 記者 梅毒トレポネーマという病原体(びょうげんたい)が原因の感染症で、主に性行為(せいこうい)を通じてうつります。個人差はありますが、感染から2~3週間で性器などにしこりができ、いったん治まった後、2~3カ月すると今度は手のひらや足の裏など全身に赤い発疹(ほっしん)が出ます。治療せず放置すると、脳や心臓に障害が出ることもあります。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです