ECB新総裁、金融政策検証に意欲 来月から開始

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は12日の定例理事会後の記者会見で、これまでの金融政策に関する検証を来年1月から始め、2020年末までに結論を取りまとめる方針を示した。理事会で政策金利の据え置きを決めたが、抜本的な検証作業に意欲を見せ独自色を打ち出した。

 ECBによる政策検証は03年以来。ラガルド氏は会見で「物価安定が検証の中心だが、最後の検証から16年間で生…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集